まきし☆blog

ゲーム・デバイス・趣味・日常、なんでもありのブログです

今更になってPS4純正コントローラを分解しましたが結構簡単に出来ました

どーも、マキシです。

買ってから一度も開けていないPS4純正コントローラを分解しました。

このコントローラは約2年ほど使っていてとても汚いです。

一度リフレッシュと思い分解しました。

 

 

PS4純正コントローラ

f:id:kimamaniyuuzento:20201024033942j:plain

ボクのPS4本体はPS4proです。発売日は2016年11月16日。

4年ほど使っているので分解・清掃でリフレッシュさせようと思います。

しかし、4年もよくもったな(;'∀')

 

分解に必要な道具

f:id:kimamaniyuuzento:20201024153253j:plain

分解・組み立て時に最低限必要な工具を挙げます。

精密ドライバー

最低でも精密ドライバー(プラス)は必要です。

 

PS4純正コントローラ本体のカバーと基板を分解する時に使用します。

ボクは前職からエンジニア製を愛用しています。

安価で強度もあり、10年以上使っています。

ピンセット

細かい部品や配線を摘まむために使用します。

なくても頑張れば大丈夫ですが、あった方が作業効率はいいです。

先端はストレートが万能で好ましいです。

エンジニア 鉄腕ピンセット PT-17

エンジニア 鉄腕ピンセット PT-17

  • メディア: Tools & Hardware
 

静電対策 

マットとアースバンドの静電対策が好ましいです。

なくても基板のチップ等に触れなければ問題はないですが、念のため。

静電対策手袋は対策としては乏しいです。

洗浄道具 

有機溶剤はエタノール、イソプロピルアルコールを用意しましょう。

材質によっては変色などしてしまうのでエアダスターなどでゴミを吹き飛ばすだけでも十分です。

 

PS4コントローラ分解手順

f:id:kimamaniyuuzento:20201024040957j:plain

分解の手順を挙げていきます。

分解した印象としては、ネジの本数は少なくツメによって保持をする機構が多い印象でした。

慎重にゆっくりおこなえば問題なく作業が出来ると思います。

 

本体カバーのネジを外す

コントローラ本体裏面の4本のネジを外します。▽

プラスネジの溝が薄いのでナメないように注意します。 

f:id:kimamaniyuuzento:20201024041325p:plain
f:id:kimamaniyuuzento:20201024041826j:plain

ネジ4本は同形状のです。△
 

本体カバーを開ける 

ツメが固着している場合があるので、ゆっくり開きます。▽

隙間に薄いマイナスドライバーやカードを差し込みながら開きます。 

f:id:kimamaniyuuzento:20201024042003j:plain

 

PSボタンのフレックスケーブルを外す

PSボタンの基板とメイン基板を繋ぐフレックスケーブルを外します。▽

根元の部分が硬く出来ているので摘まみながらゆっくり抜きます。

f:id:kimamaniyuuzento:20201024042007j:plain

 

バッテリーを外す 

バッテリーはコネクタで繋がっているだけです。▽

コネクタを抜いたらバッテリーはそのまま上に持ち上げれば外れます。

f:id:kimamaniyuuzento:20201024042627j:plain
f:id:kimamaniyuuzento:20201024042630j:plain

 

メイン基板保持板を外す

板はネジ1本で止まっています。▽

f:id:kimamaniyuuzento:20201024043039p:plain

 

チャットボタンのZIFケーブルを外す

チャットボタンから伸びている茶色いZIFケーブルを抜きます。▽

指で摘まんでゆっくり抜きます。

f:id:kimamaniyuuzento:20201024043254p:plain

 

メイン基板を外す

メイン基板はコントローラ本体にツメ2か所で保持されています。▽

f:id:kimamaniyuuzento:20201024043543p:plain
f:id:kimamaniyuuzento:20201024043548j:plain

 ツメ2か所を外し、振動モーターの配線が繋がっているので手前に持ち上げます。

振動モーターは両面テープでコントローラ本体に固定されているので、今回は面倒なのでそのままです。

【スポンサーリンク】
 

トリガー周り

L2・R2トリガーを取り外す

①ツメを外します。

②手前にスライドさせると外れます。

バネが外れてしまう場合があるので注意します。▽

f:id:kimamaniyuuzento:20201024044415p:plain

 

L1・R1トリガーを取り外す

左右2か所にツメがあります。上にスライドさせると外れます。▽

f:id:kimamaniyuuzento:20201024044723p:plain

 

L/Rボタンゴムラバー

L/Rトリガーが外れた状態で、少し持ち上げ手前にスライドさせると外れます。▽

f:id:kimamaniyuuzento:20201024045012j:plain

 

導電性フィルムケーブル 

表裏のピンに引っかかっています。▽

折れや破れに注意し外します。

f:id:kimamaniyuuzento:20201024045354p:plain
f:id:kimamaniyuuzento:20201024045359p:plain

 

アナログスティック

アナログスティックのラバーキャップは上方向に真っ直ぐ持ち上げると外れます。▽

f:id:kimamaniyuuzento:20201024045626p:plain
f:id:kimamaniyuuzento:20201024045632j:plain

 

各ボタン

各ボタンはゴムラバーにより保持されています。▽

ゴムラバーは溝にハマっている状態です。 

f:id:kimamaniyuuzento:20201024045936p:plain

 

部品を交換する場合 

f:id:kimamaniyuuzento:20201024153424j:plain

PS4のコントローラには種類があります(PS4、slim、pro等)。

年式やコントローラを別で買った場合など、型番が外見では見分けが付かない事があるので部品を交換する際には注意が必要です。

 

コントローラの型番 

コントローラには2種類の型番があります。

コントローラ本体と内部の基板です。

コントローラ本体裏

コントローラ本体の裏側にラベルにコントローラの型番が記載されています。

下の写真の場合は「CUH-ZCT2J」。

この型番に適合した部品を使用しないと取り付けが出来ません。▽

f:id:kimamaniyuuzento:20201024155917p:plain
f:id:kimamaniyuuzento:20201024155921p:plain

 

基板の型番

基板の正確な型番を知るには分解する必要があります。

型番はメイン基板のアナログスティックモジュール付近に記載されています。

下の写真の場合は「JDM-050」。

この型番に適合した部品を使用しないと取り付けが出来ません。▽

f:id:kimamaniyuuzento:20201024154101p:plain
f:id:kimamaniyuuzento:20201024154109p:plain

 

まとめ 

f:id:kimamaniyuuzento:20201024155142j:plain

やってみると結構簡単。

ネジは合計5本、主にツメで固定されているのでゆっくり慎重におこなえば簡単に分解できます。

注意としては型番によって部品形状が違うので交換などをする時は確認が必要です。


完全自己責任になりますが、壊れて新しいコントローラに買い替える前に一度分解してみるのもありだと思います。