まきし☆blog

ゲーム・デバイス・趣味・日常、なんでもありのブログです。そしてこのブログは壊れています(汗)コメントなどができません、もう面倒なのでほっといています。

不具合解消!PS5純正コントローラ「DualSense」を徹底的に分解してみた!

今回はPS5純正コントローラ「DualSense」を徹底的に分解しました。

なかなかPS5純正コントローラ「DualSense」が手に入りにくい状況でしたが、だいぶ供給がされるようになった印象です。

しかし、リペアパーツに関してはまだまだ在庫などがない状態が続いているようで。

適度に分解清掃をして良好な状態にしておきたいところです。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

 

 

今回の分解に使用したPS5純正コントローラの型番は、「CFI-ZCT1J」です。

 

 

メイン基板までの分解

まずはメイン基板までアクセスするところまでの分解です。

スティックのジャイロ等の不具合を解消するにはメイン基板まで分解する必要があります。

PS5純正コントローラは各部がしっかり取り付けてあるので、殻割りするにあたってオープナーなどの特殊工具があった方が部品の破損なく上手に分解できると思います。

 

 

 

L1・R1トリガーを外す

まずPS5コントローラを殻割りするにあたってL1.R1トリガー下とコントローラ底部にあるネジにアクセスしないと開けられません。

 

まず、L1.R1トリガーから。

これはツメで引っかかっているだけなので簡単に引っこ抜く事ができます。

 

 

プラスチックやテフロンなどでできた素材の棒を隙間から差し込み、テコの原理で外します。

グイっとやって飛んでいかないように上に指などを添えると良いです。

 

 

さほど力は要りませんでした。

金属製のものでやると傷つきやすいのでやめましょう。

 

 

黒い本体カバーを外す

次にコントローラ、グリップ底部にあるネジにアクセスするため、黒いカバーを外します。

 

 

境い目に薄いプラスチックなどのカードを差し込み、矢印の方向に力を加えるとツメが容易に外れます。

これを左右ともおこないます。

 

 

この黒いカバーを手前から起こすようにすると他のツメが外れていきます。

 

 

全てのツメが外れたら、手前に引き黒いカバーを外します。

 

 

本体の殻割り

トリガー上部から2本のネジが見えます。

 

 

コントローラ、グリップ底部に2本のネジが見えます。

 

これら計4本のネジを外します。特段アクセスが難しい事はありませんので、通常の精密プラスドライバーで外せます。PS4よりもネジ山が多い?感じなので少々硬い気がします。

 

 

ネジを外し終えたらコントローラを開きます。

まずは手前のツメ2箇所を外し浮かせます。

 

 

手前から起こすように開きますが、グリップ側面のツメは硬いので、ゆっくりと慎重に開きましょう。

 

 

手前から起こすように開き、ここまで開けばスムーズに開けられます。

 

 

これでコントローラのカバーが開きました。

PS4純正コントローラに比べてツメの量が多いですね?

 

 

トリガーを引いても戻らない場合は、ここのバネが破損している事があります。

 

 

 

バッテリーを外す

次にバッテリーです。

 

 

バッテリー本体はバッテリーケースにハマっているだけです。これはPS4純正コントローラと同様な造り。

 

 

コネクタはバッテリーケース側面とトリガーの間にあり、少し狭いです。

 

 

指で摘めはしますがコネクタの差し込みが硬いので、ピンセットなどを使った方が外しやすいです。

 

 

 

バッテリーケースを外す

次はバッテリーケースを外します。

バッテリーケースはネジが1本、細いフレックスケーブルが接続されています。

PS4純正コントローラと違うので、フレックスケーブルを見落とさないように注意が必要です。

 

 

メイン基板を外す

バッテリーケースを外すとメイン基板が顔を出します。

メイン基板にはフレックスケーブル1本、リボンケーブル3本接続されています。

それぞれ根元辺りが硬い素材になっているので、それを指で摘むかピンセットで摘んで抜きます。

 

 

メイン基板はツメ2本、ガイドピン2本があります。

ツメを開きまっすぐ引き抜きます。

 

 

メイン基板と振動モーターの配線はハンダでつながっているので、メイン基板をひっくり返すようにして外します。

PS4純正コントローラと同様のやり方ですね。

 

 

スティックカバーは硬く抜けにくくなっています。接着などはされていませんでした。

スティックが勝手に動く、ジャイロする等の不具合がある場合は、この時点でモジュールエアダスターでゴミ等を除去し接点復活剤をかけると良いでしょう。

 

 

 

メイン基板の型番は表面に記載されています。

今回、分解したPS5コントローラ本体の型番は「CFI-ZCT1J」です。

メイン基板の型番は「BDM-020」でした。

 

 

フロントシェルとモーターハウジングはネジ2本で固定されています。

 

 

PS4純正コントローラと比べて機能も追加されているので、ここまで分解するのもケーブル等が増えていましたが、基本的な部分ではPS4純正コントローラと共通しているのかなと感じました。

 

 

フロントシェル分解

ここからはフロントシェルに付属している各パーツを分解します。

「ボタンが効かない」等の不具合の場合、ゴムラバーの劣化や破損している事があります。

その場合、フロントシェルを分解する必要がありますね。

 

 

基本的な構成はPS4純正コントローラと似ているように感じます。

 

各ボタンのゴムラバー

十字キー等、各ボタンにはゴムラバーが付いていて指で簡単に外れます。

ボタンが効かない、効きが悪い時はこのゴムラバーの劣化や亀裂が原因の場合があるので目視で分かる割れなどがあったら交換が必要です。

 

 

各ボタン類

ゴムラバーを外すと各ボタンが外れます。逆さまにするとスルッと抜けてしまうので紛失に注意です。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

マイクスピーカーケーブル

PS4純正コントローラにはなかったメイン基板へ接続されていたマイクスピーカーケーブル

赤い枠のツメ部分を外します。

 

 

 

赤い矢印部分からケーブルを通して引き抜きます。

 

 

ライトバー部

ライトバー部は赤い矢印部分のツメを外すと抜けます。

 

タッチパッド部

タッチパッド部は赤い矢印部分のネジ1箇所を外します。

 

タッチパッド部は白い側と黒い側でフロントシェルを挟み込むように取り付いています。

 

 

黒いタッチパットの透明プラスチック部品はツメ2つを外すと取れます。

 

 

ボタン部補強ゴム?(名称不明)、タッチパット枠はそのまま引き抜けます。

 

 

モーターハウジング周りの分解

モーターハウジング周りには各ボタンの導電性フィルムやLRトリガー部が繋がっています。

導電性フィルム折れや破れの恐れがあるので取り扱いには注意です。

 

 

ボタン導電性フィルム

まずモーターハウジング裏面、赤枠のピン2箇所から導電性フィルムケーブルを外します。



そして、表面へ。

赤枠4箇所のピンから導電性フィルムケーブルを外します。

少し硬めにくっついているので破かないように注意しましょう。

 

 

 

L.Rトリガー部

L.Rトリガー部はモーターハウジング表面にあるネジ4箇所を外します。

 

L側・R側、それぞれが外れます。



L.Rトリガー分解

PS5から追加された新機能の「アダプティブトリガー」そのトリガーの分解です。

PS4純正コントローラとかなり違い、基板やギア類が追加されており全く別モノです。

 

 

R側が15、L側が16と基板に刻印がありますが、外観ではどちらも同じ部品と基板のようです。

 

 

分解するにあたりネジにアクセスするためにトリガーボタンのフレックスケーブルを外す必要があります。

ケーブルを外し、下のネジ1本を外します。

 

 

裏側はネジ3本を外します。

 

 

パカっと開くとトリガー内部が出てきます。

小さいモーターと基板は半田付けされているので基板を外す必要があります。

 

 

赤い矢印のツメに基板が付いているのでこれを外します。

 

 

これでトリガー内部のギア、モーター、基板が取り出せます。

 

これがPS5から搭載されているトリガーシステムなんですね。

ゲームの種類によってこのトリガーの引き代が重くなるとか...ちょっと面白いですね。

ギア類には特にグリス等は塗布されていませんでした。

 

 

L・Rトリガーを取るにはこのピンを抜かなくてはいけません。ラジオペンチで簡単に取れます。

 

 

L・Rトリガーのゴムラバーと導電性フィルムが出てきました。

ここまで分解しないと交換ができないのは少し面倒ですね。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

まとめ

今回はPS5純正コントローラ「DualSense」を完全に徹底的に分解してみました。

PS4純正コントローラより新しい機能が搭載されているので、部品点数がかなり増えていて分解に少々時間がかかりました。

ネジの本数は増えたものの、全てのネジのサイズは共通で間違える事はありません。

分解の中で一番難しかったのは序盤の殻割りです。他機種のコントローラよりも格段にツメが硬く感じたため割れてしまうのではないかと不安になりました。

しかし、単純にツメが硬いのではなく一つ一つのツメは浅く、ただツメの量が多いため硬く感じたのだと思います。

 

全ての部品を分解して思った事は、部品それぞれの剛性はとても低く、組み合わせる事で撓り剛性を確立しているように感じました。

ネジの締結箇所を減らし部品を収納するスペースを確保しつつ剛性を維持する、そんな技術者たちの努力を感じるコントローラだと思います。