まきし☆blog

ゲーム・デバイス・趣味・日常、なんでもありのブログです。そしてこのブログは壊れています(汗)コメントなどができません、もう面倒なのでほっといています。

【Turtle Beach】有線RECONコントローラのスティックが買って早々にドリフトしてたから校正してみた

Turtle Beach製の有線RECONコントローラを購入して使い始めた段階から左スティックがドリフトをしていました。
FPSゲーム「Xdefiant」で遊んでいると操作するキャラクターが微妙に動いて気持ちが悪い状態です。
ところが、「APEX LEGENDS」では全くドリフトしていない...。
なんとも不思議な状態、もちろんコントローラ設定は4-1リニアでドリフトしていれば顕著に表れるはずなんですが...。

 

では、ゲームパッドテスターでの数値を見てみましょう。

ゲームパッドテスターで数値を見てみると左スティックが0.97024、たまに数値がおかしくなる事がわかります。
やはりこのRECONコントローラはハズレ個体なようで...ドリフトしています。

 

 

コントローラの更新と校正

そこで今回はTurtle Beachが推奨しているコントローラの更新と校正方法を試してみて直るかどうか検証してみようと思います。

 

更新方法

更新というかアップデートの方法になります。
方法は簡単で、Turtle BeachのHPからサポートにいきTurtle Beach Control Centerをダウンロードします。

そしてRECON Controllerを選択し最新の状態でなければ更新ができます。

Turtle Beachサポート

ソフトウェアの更新をした事で何が変わるのか正直分かりません。
しかし、Ver1.0.6とたまに更新されているのでやっておいて損はないのかと思います。

 

 

校正方法

次にRECONコントローラの校正をおこないます。

 

やり方は、Amazonの購入ページに記載があります。

 

校正モードへ切り替える
  1. 十字キー上方向+Xボタンを同時押し
  2. 中央のLEDが点滅する

これで校正モードに切り替わります。

ここでのXボタンは中央ではなく、ABXYのXボタンで少々ややこしい。

 

校正
  1. 左スティックを左→右へ動かす
  2. 左スティックを上→下へ動かす
  3. 右スティックを左→右へ動かす
  4. 右スティックを上→下へ動かす
  5. LTトリガーを最大まで引く、戻す
  6. RTトリガーを最大まで引く、戻す

 

校正モード終了
  1. 十字キー下方向+Yボタンを同時押し
  2. 中央のLEDが消え、校正モードが終了する

 

 

校正後

校正後、ゲームパッドテスターでどのように変わったかみてみます。
分かっていた事ですが、ドリフト現象は改善されていません。

何度かスティックをグリグリと繰り返し動かすも、たまにぶっ飛んだ数値を叩き出してしまいます。
しかし、それ以外の数値はほぼ0で正常なRECONコントローラであれば校正の意味は多少はありそうな気もします。


以上がRECONコントローラの校正でドリフト現象が直るかの実験でした。
予想していた通り直る事はありませんでしたが、ちょっとおかしいな?くらいの現象であれば校正する事で正常な動作に復帰できるかもしれません。

値段は安く当たり外れのあるRECONコントローラですが、それらを加味しても性能と機能の多いコントローラです。
今回購入したコントローラは残念ながら初期不良がありましたがゲームによってはドリフト現象が発生しなかったりするのでまだ使えるコントローラだと判断しています。
販売から1年以上経つRECONコントローラですがおすすめのコントローラの1つです。