まきし☆blog

ゲームやその他の周辺機器のレビュー サバゲー/エアガン/ゲーム

マイクスタンドはイイやつ買わないと絶対後悔する

【スポンサーリンク】

どーも、こんばんは。

ボーっと横になってて、あっ地震だ!って思ったら自分の鼓動で揺れてただけでした。

マキシです。

 

今回はマイクスタンドの話をします。

 

 

実況などで使われるマイク

ゲーム実況などで音声を配信・録画する際にマイクを使用します。

ゲームなどではキーボードやマウスなどで卓上が満たされていて、とてもマイクを置く事が困難な場合があります。

その場合、スタンドアームを取り付ける事によって卓上をスッキリと、使わない時は端に避けておく事が可能になります。

実況などでコンデンサーマイクなどの本格的なマイクを使用される事が多いです。

音質・性能に拘るならばコンデンサーマイクでしょう。

 

コンデンサーマイクは重たい

性能が良くてもハードとしてはサイズも大きく重量もあります。

物によって差が大きいですが、おおよそ300g~1500gほどの重量です。

スタンドタイプで卓上に置くならば問題はないですが、アーム等で吊り下げる場合重さは重要です。

しかし、アームに合わせて性能を落とすのでは意味がないですね(;^ω^)

ですのでアームスタンドはしっかりした物を選びましょう!

 

安価なアームスタンドはストレスの塊

Amazonや楽天では沢山の安価なアームスタンドが売られています。

安価なアームスタンドの特徴として、

・可動域の動きが渋い ・マイクの重さに耐えられず「お辞儀」してくる ・調整ダイヤルを強く締めこんでも緩む

2000円~3000円ほどで売られていますが、使い続けるには相当なストレスです。

快適な実況をするならばアームスタンドはしっかりとした物を購入しましょう!

 

 

おすすめマイクアーム

Blue Microphones

 Blue-Microphones.png

母体: ロジクール
本部: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ウェストレイクビレッジ
設立: 1995年
Logicoolが所有するアメリカのオーディオ制作会社で、オーディオの専門家、ミュージシャン、および消費者向けにマイク、ヘッドフォン、録音ツール、信号処理装置、および音楽アクセサリを設計および製造

RØDEマイクロフォン

147-1478956_sponsors-of-our-world-record-tour-rode-microphones.png

K&M

ダウンロード.png